外国人技能実習生 入国後の法定講習(約1カ月176時間)

 

【 講習内容 】

■日本語       84時間   教材「技能実習生のための日本語みどり」

                               (JITCO監修)

            日本人の日本語講師、最初は母国語の通訳がサポート

            技能実習生の日本語レベルに応じた指導。

 

■生活・専門知識   84時間   教材「日本の生活案内」(JITCO編)

                    「職種別研修テキスト」(JITCO編)

                    「外国人技能実習生のための専門用語対訳集」

                                   (JITCO編)

           生活習慣・専門知識につきましては、母国語の講師が

           日本での生活・職業経験をふまえて指導。

 

 

■法的保護講習     8時間   教材「入管法令テキスト 第3版」(JITCO編)

                    「労働関係法令等テキスト」(JITCO編)

                                  社会保険労務士、行政書士の先生方による指導。

 

 

  合計      176時間(22日)     

 

■その他      技能実習生派遣先企業の地域特有の言葉(方言)、

          会社独自の専門用語、作業用語の指導。

          海外送金の仕方、電話の掛け方、病院での症状表現等

          可能な限り指導をいたします。

          原動機付自動車免許、車両系建設機械免許等試験対策。

■受入企業用語   また、技能実習生の受入会社さんで使われる用語、言葉が

          ございましたら事前に学院までお届けください。

          技能実習生に講習期間中に事前に学習させます。

          100語から200語位がベストです。

 

■技能検定試験対策 2号移行技能実習生においては、ご希望により、技能検定試験

          の事前学習もサポートいたします。

【 その他 】

■公的支援講習

 

   ①警察署での

     交通安全・生活指導教育

   ②消防署にて

     防災教育・消火訓練

 

■日本の生活習慣の体験教育

 

   ①スーパーでの買い物

   ②銀行・郵便局 体験

   ③炊事・洗濯・洗体等

     共同生活指導

 

■健康診断(雇入時健康診断)

  受入企業様のご要望に応じて実施

 

■講習期間中の土日祝日の対応管理

   ①自習指導

   ②社会見学

   ③レクレーション